2015年02月24日

住宅ローンの借り換えを長期固定金利にする場合

どんな形で住宅ローンの借り換えを行うかは、個別のケースによります。

返済までの計画や、その家庭の将来までの見通しによって、借り換えの必要性や理想的な形は違います。以下の項目にあてはまる家庭は、固定金利で住宅ローンを利用した方が返済が楽になります。

家計の収入が大きく変わらない人、例えば旦那さんが安定した収入の企業に勤めており、子供も国公立に進学させる場合はそうなります。貯蓄を増やして一気に返済を済ませるつもりのない人にも、固定金利はおすすめです。今後転職や独立、あるいは結婚などで生活の変化がある人は、変動要素は少ない方がいいでしょう。このような人たちは金利変動のリスクが受けにくい固定金利の住宅ローンへの借り換えがおすすめです。

また、今後収入が減りそうな人は、最初のうちだけ住宅ローンの返済額を多くし、その後徐々に月々の負担額を減らすという方法があります。子育てが始まったら夫婦の片方が仕事を辞めるつもりがある、あるいは転職の予定がある人はここに当てはまります。

住宅ローンの借り換えによって返済総額を少しでも減らすことができるのならば、育児や介護など、事業の関係などで今後の支出が増えそうな人は検討してみるべきです。子育て開始と前後して家を購入した場合、住宅ローン返済の前半期は子どもの養育費などの影響でローン返済以外の支出が多く、収入と支出との見通しが不透明になりがちです。そこで、子育てが一段落して家計に余裕が出るまでの10年は固定金利型、その後は変動金利型のミックスプランの住宅ローンに借り換えるという方法もあります。

借り換えによって住宅ローンの金利条件を変えることは、将来の見通しを確実に立てるべきか否かが決断のポイントになってきます。


↓↓借り換えをお考えの方はこの下をクリックすれば無料で相談できます↓↓

住宅ローン利息が1円でも減らなければ、費用は一切いただきません!





posted by 元銀行マン at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法

借り換えによって住宅ローンの返済額を減らすにはどうするべきでしょう。返済プランを見直すことで、住宅ローンの返済総額を減らし負担を軽減したいものです。

しばらく共働きを続ける予定の人や、これから勤続年数に従って収入が確実に増加する見込みがある人などは、将来の安定収入を見越した住宅ローンの返済プランを立てることが可能です。
将来はローン返済資金が確保できる人もいます。教育費が数年で終わる人などです。当面の返済額を減らすような住宅ローンの借り換え方法がおすすめです。

収入が多く繰上げ返済によって短期間で住宅ローンが返済可能な人や、確実に貯蓄を増やせる人、将来財産分与などでまとまったお金の入る予定のある人、もともと借入額が少ない人は金利が上昇してもなんとか対応できます。それらのタイプのなら、固定金利制で10年程度の低金利なタイプを探して住宅ローンの借り換えを行いましょう。

もし10年後に金利が上昇しても収入や貯蓄に余裕があればそのときに繰り上げ返済をしたりと柔軟に対応できるからです。固定金利型の10年型住宅ローンならば、返済の残りが15年以上の住宅ローンを組んだ人にとって借り換えがお得になる可能性があります。

金利上昇の危険性を回避するには、より早く返済が済むタイプがおすすめです。経済的に余裕があって、まとまった貯蓄を持っている人が借り換えを検討することも考えられます。住宅ローンの借り換えでは、今より金利が低く負担を軽減できるものを選ばなくてはなりません。

↓↓借り換えをお考えの方はこの下をクリックすれば無料で相談できます↓↓

住宅ローン利息が1円でも減らなければ、費用は一切いただきません!


ラベル:返済額
posted by 元銀行マン at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

住宅ローン借り換えのコツ

借り換えをする時は、前の住宅ローンより新しい住宅ローンの方が条件がいいことが絶対条件です。一番のメリットと言えるのは毎月の支払軽減だといえるでしょう。

借り換える際には、今までより1%以上金利の安い住宅ローンを選ぶべきです。
この場合注意すべき点としては、まだ返済の済んでいない住宅ローンが1,000万円以上残っていることです。
日々の支払い額を引き下げることを目的にした住宅ローンの借り換えの条件はこのようなものですが、別な目的で借り換えをすることもあります。住宅ローンの借り換えをする場合に支払額は同じにして、借り入れ期間を短縮する、期間短縮をする、自己資金を投入して借入総額を減らすなどです。

このようなちょっとした工夫によって、金利にほとんど差がない住宅ローンの借り換えでも、返済総額を減らすことができるのです。また、金利差が1%以上ない場合でも、住宅ローンの借り換えを行うメリットがあると感じる場合もあります。変動金利だった住宅ローンを固定金利に変えることは、今後金利が上がる可能性を考えずによくなるという利点を得ます。変動金利制の住宅ローンでは、今後の返済金利の数字がはっきりしないので返済総額の見通しが曖昧にしかつきません。現状の金利がいつまで続くかわからないのです。

このことによって、経済的な計画が立てやすいなどのメリットを得ることもできるわけです。借り換えの目的はいろいろで、その方法も多様なものがあります。メリットもあるけれど、手数料や利率の計算など色々とややこしい話が発生するのが住宅ローンの借り換えです。まずは金融機関などに赴いて相談してみてもいいでしょう。

↓↓借り換えをお考えの方はこの下をクリックすれば無料で相談できます↓↓

住宅ローン利息が1円でも減らなければ、費用は一切いただきません!


posted by 元銀行マン at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

自己破産になる前に住宅ローンの借り換えを!

住宅ローンは、自己破産は無関係ではありません。
人生において最大の買い物と言えば住宅でしょう。
住宅を購入することは大きな夢です。

家を購入するためにコツコツとお金を貯めているという人は少なくありませんが、購入の段階でポケットマネーで全額払えるという人はあまりいないのではないでしょうか。自己資金だけで家の代金を払うのではなく、金融機関が住宅用に扱っているローンを利用する人がほとんどです。

金融機関から融資を受ける場合、融資額が多い住宅購入用融資から、融資額の少ないカードローンと呼ばれるような融資まで、全ての融資において審査が行われます。

もしも自己破産をした経歴が記録に残っていた場合、審査を通ることはほぼ確実に無理でしょう。

そして審査に通らなければ、融資は受けられません。住宅購入のためのローンを組みたいという場合でも、自己破産をしたという記録は10年は残るので、10年間は大人しくしているべきなのです。

キャッシング会社は、返済の意志と能力のある人を見極めて融資をしようとしています。返せない人に貸す金はないのです。確実に返済してくれるような客を求める金融会社にとって、過去に返済不能に陥ったことがあるという人は鬼門です。もしも自己破産時に家を所有していた場合、返済にあてるため処分しなければなりません。住宅ローン返済中に自己破産をした場合でも、家は手放すことになります。
たいていは競り売りによって金銭化した後、融資をした相手に配られます。

自己破産になる前に、住宅ローンを見直し、借り換えするのもひとつの方法ではないでしょうか。

↓↓借り換えをお考えの方はこの下をクリックすれば無料で相談できます↓↓

住宅ローン利息が1円でも減らなければ、費用は一切いただきません!

posted by 元銀行マン at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用

借り換えを検討する時は、どういう手順が必要で費用はどのようなものが必要でしょう。

住宅ローンの借り換え費用や手続きの内容については、様々な金融機関のホームページやパンフレットなどで情報収集をして下調べをします。金融会社毎にプランが異なり、金利も特徴があります。

期間限定の借り換えキャンペーンなども積極的に調べてみましょう。めぼしい金融機関が決まったら足を運んで、一箇所だけでなくいくつかの金融機関に行ってみることが大切です。

この時に持っていくといいものは、源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、現在の住宅ローンの償還票などです。借り換えの話もスムーズに進み、具体的な費用の話もその場で細々とした点まで確認できます。

複数の金融機関で聞いた話を比較して、最も自分に合う住宅ローンを見つけましょう。金融機関が決まったら住宅ローン借り換えの手続きの申し込みをします。借り換えの審査を受けることになるので、金融機関に署名、捺印をした必要書類を出します。

正式な借り換え手続きは審査が問題なく通ってからになります。新しい抵当権の設定や以前の抵当権の抹消手続き、金銭消費賃貸契約書のサインなどの諸手続を行い、借り換えに発生した費用を払います。

あらたに住宅ローンを借りるわけですから、初めに借りたときと同じように借り換えの場合にも諸費用が発生します。印紙税や保証料、事務手数料、登録免許税等は前回と同様にかかりますし、司法書士報酬なども発生します。

ただし、借り換えキャンペーンとして手続きの保証料の値引きを行ったり便宜を図るとこもありますので、確認してみましょう。

↓↓借り換えをお考えの方はこの下をクリックすれば無料で相談できます↓↓

住宅ローン利息が1円でも減らなければ、費用は一切いただきません!
posted by 元銀行マン at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。